POSを取り入れて飲食店に訪れた人の個人情報を守ろう

万全な運用体制を整える

レジスター

posレジを中心としたシステムを円滑に運用するためには、社内のスタッフがposに対する知識を増やすことが重要です。トラブル対処マニュアルを作っておくだけでなく、メーカーのサポートサービスの力を借りることも有効です。

海外滞在で必要な手続き

握手

香港に3か月以上滞在する時は、目的に沿ったビザの取得が必要です。ビザを取得することで、ゆっくりと現地での目的を達成することが出来ます。取得を代行するサービスも登場しており、最適なビザについてのアドバイスが受けられます。

飲食業界で普及が加速

お店

必要な機能に特化

小売店やサービス業といった業態の違いに関わらず、あらゆる店舗では利用客が代金を支払うために何らかの形で会計が行われます。コンビニやスーパーなどの小売業界では早くからレジスター装置とコンピュータシステムを連携させ、リアルタイムで売上データが集計できるPOSシステムが導入されてきました。飲食業界やサービス業界ではPOSシステム導入の動きが遅れていましたが、近年に至ってそれぞれの業種に特化したPOSシステムが開発され普及が進んでいます。飲食店では小売店のように多数の商品を扱うわけではないため、バーコードリーダーとの連携や在庫管理などは余分な機能です。店の売上はお客様の注文と密接に関わっていることを考えると、飲食店でPOSシステムを導入する場合はむしろオーダーシステムとの連携が求められます。飲食店向けに開発されたPOSシステムの多くは会計や売上集計といったシンプルな機能に特化しており、タブレットやスマートフォンをオーダー端末に使用して連携させることも可能です。利用客の注文状況がリアルタイムで把握できるため、オーダーエントリー機能を備えたPOSシステムを導入すれば注文ミスや配膳ミスも防止できるのです。最近ではタブレット型の持ち運び可能なレジでスマートに会計を済ませる営業スタイルも増えてきましたが、飲食店向けPOSシステムではこれに売上分析機能が加わっています。POSシステムを通じて蓄積された売上データは、メニューごとの売上や時間帯別売上の集計・分析の他、顧客管理といった目的にも応用可能です。このようなPOSシステムを導入している飲食店では会計やオーダー業務を効率化させているだけでなく、緻密な売上データ分析によって経営改善にも役立てています。小売店向けの複雑で大掛かりな製品と比較して導入コストも安く設定されていることから、飲食店でPOSシステム導入の動きが広がっているのです。